かわやく活動報告ブログ

川崎市薬剤師会の活動の一部をご紹介しています。

2011年11月

11月18日(金)
漢方と薬局製剤実習が開催されました。

午前は、漢方製剤実習を行いました。
中村先生の講義のあと、それぞれ漢方薬の製造を行いました。
1118_01
1118_02
1118_03
1118_04
1118_05
1118_06
1118_07
1118_08
1118_09
1118_10
1118_11
(学生の感想)
 「葛根湯を試飲させていただき、患者に説明する際にも役に立つと思いました。」
 「漢方薬を身近に感じることができ、興味がわきました。」
 「漢方と薬局製剤を実際に作ることができ、貴重な経験になりました」
 「薬局製剤を今までよく分かっていませんでしたが、製造することで詳しく知ることができました。」

2期生の実習はこれで終了です。
次回3期生の実習は、1月13日(金)開催予定です。

11月17日(木)
平成23年度第6回実務実習オリエンテーションが開催されました。

今回は、小林顧問弁護士に、「個人情報保護法」や、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱のためのガイドライン」と題して、個人情報に関する講義をしていただきました。
1117_01
(学生の感想)
 「薬局における個人情報の取扱い方について、法律的に学ぶことができ勉強になった。」
 「個人情報の漏れやすさや、恐ろしさ、盲点があることを学ぶことができた。」
 「薬剤師として働く上で、患者さんを守れるようにしていかなければならない。」


社会保険委員委員長 山村先生による
「薬薬連携 医療関係の連携」「医薬品の適正使用リスク管理」の講義です
1117_02
(学生の感想)
 「薬剤師に与えられた使命はとても大きなものだということを改めて実感した。」
 「これからの薬剤師のやっていくべき事と姿が、具体的に分かったので本当に勉強になりました。」
 「大学の授業では学べない、貴重なお話を聞くことができました。」

金子先生による
「災害時の薬剤の仕事」の講義です
1117_03
(学生の感想)
 「被災地での薬剤師の働きがよく分かりました。」
 「テレビ等で得る情報とは違う現場を感じられることができた。」
 「人の為になる仕事が出来る資格を持つということは素晴らしいと思いました。」
1117_04
今回で、2期生のオリエンテーションは終了です。
次回、3期生のオリエンテーションは、1月12日(木)開催です。

11月15日(火)エポックなかはらにて
平成23年度県下統一調剤事故防止研修会が開催されました

「薬局等に対する市民からのご意見・苦情等について」
 講師 川崎市健康福祉局健康安全室 田中治己担当係長
1116_01
KYT(危険予知トレーニング)について
 講師 林 成昭 先生
1116_02
指差し呼称の様子
1116_03
1116_04
1116_05
リスクマネージメント委員の紹介
1116_06
質疑応答の様子
1116_07
1116_08
今年も たくさんの先生方が参加されました

平成23年10月23日(日)川崎地下街アゼリア サンライト広場にて、くすりと健康フェアかわさき2011を開催いたしました。
1104_01
今年は、「くすりの適正使用協議会」のご協力をいただき、大型のパネルや模型を使って、薬の正しい知識についてのデモンストレーションをしました。
ステージ前には多くの市民の皆様が集まり、3回のステージは注目の的となりました。



毎年恒例になりました薬の相談コーナー、健康チェックコーナーにも行列ができ、
市民の皆さまの健康への関心の高さを改めて強く感じました。
1104_02

1104_03
また今年は、 医薬品についてのアンケートをお願いし、多くの皆さまのご協力をいただきました。ありがとうございました。
アンケートは、市内の薬局実習に入っている薬学生が行いましたが、薬学生にとっても 「くすり」をとおして市民の皆様と接する機会が持てたことは、価値の高い真の実習であるといえましょう。
1104_04
多くの皆様のご来場 ありがとうございました。保存

このページのトップヘ